婦人

心の病気を治すために

カウンセリング

適している診療科目を選ぶ

日常のストレスや悩みなどが蓄積して、眠れなくなったり食欲がなくなったりするなどの症状が続き、長期間に渡って気持ちが常に落ち込んでいるという場合は、うつ病であるかを診察してもらうと安心です。うつ病の診察を行なっている診療科目は、主に精神科や心療内科などが挙げられます。心理学の勉強をしたカウンセラーがいる民間施設に通う場合は、病院と異なり保険が適用されないので、病院で診察してもらうよりも高い料金がかかります。心の悩みが大きく落ち込みやイライラなどが症状のメインである場合は、精神科に診察してもらうのが一般的です。精神科は、うつ病の診察を行う事が出来る専門であり、カウンセリングや抗うつ剤の処方によって病状を回復するように促します。夜に眠れない日が長期に渡って続く不眠症や、食事がほとんど摂れない方や食べ過ぎと食べられない日を交互に繰り返す方にオススメです。落ち込みやイライラなどの心の悩みがありうつ病と似た症状ではあるが、悩みとともに心身症の一種である過呼吸などを繰り返す方には、心療内科の方が適していると言えます。心身症は精神面と連動して体に変調をもたらす症状で、悩みが大きくなると体調不良を起こしやすくなるという方は、心療内科の診察を検討すると治療しやすくなります。アルツハイマーのような病気と併発してうつ病を起こしている可能性がある方は、神経科を受診もオススメです。脳の障害とうつ病を併発する方の対応をしているところも多くあります。総合病院の中には、うつ病の治療を行う精神科と心療内科が併設されているところも多く、どちらに受診していいかわからない場合には両方で診てもらうことも可能です。脳の障害などの疑いがある場合は、神経科のある総合病院を選ぶなど1つの病院でいくつかの診療科目を見ることが出来るようにすると、治療しやすくなります。また、うつ病の治療には長い期間かかることもあるので、通いやすい場所にある病院を選ぶと便利です。かかりつけの病院にうつ病の診察が出来る診療科目がある場合は、これまでの体調の経過も分かりやすく診察がしやすいと言えます。