婦人

治療は投薬が基本

病院

薬を飲むとの注意点

うつ病を発症し、病院で診察を受けて治療を行う場合は基本的に抗うつ剤などによる投薬治療が基本となります。薬での治療を受ける際に気をつけて起きた方が良いことがいくつかあります。まず、必ず薬は医師から指示された用法、用量で飲むようにします。一日飲み忘れたからといって効果が無くなるわけではありませんが、頻繁に飲み忘れていると薬の効果が切れて症状が再発したり悪化することになり、結果的に治療期間が長くなることになります。次に薬には飲み合わせの良し悪しがあります。うつ病の薬も同様で一緒に飲んではいけない薬があります。もし他の病気によって薬が必要になった場合は勝手に飲まずに事前に石に一緒に薬を飲んでも容易化相談しましょう。そして、うつ病の薬で気をつけなければいけないのが副作用です。うつ病の薬の強さには色々とありますが、効果が強いものは場合によっては日常生活を送ることが困難になるほどの副作用が出ることもあります。副作用は人によって違うので医師も完全には予測できません。もし副作用が辛い場合は我慢せずにすぐに病院に行って医師と相談しましょう。うつ病の薬はたくさん種類があるので別の薬にすぐ変えてもらうことが出来ます。また、お酒やタバコは薬を飲んでいるときは出来るだけ控えておいた方が良いです。タバコと抗うつ剤の因果関係はよくわかっていませんが、ヘビースモーカーの人は抗うつ剤の効果があまり出ないことが分かっています。そして、お酒はついつい落ち込んだ時に飲みがちですが、お酒を飲んで気分が高揚するのは一時的で良いが覚めると現実に引き戻されて余計に落ち込みます。そもそも抗うつ剤を飲んだ状態でお酒を飲むと少量でも酩酊状態になるので飲まない方が良いでしょう。そして薬を飲んでいるときに最も気をつけたいのが回復期です。回復期は調子が良い状態が続くので、治ったと勘違いして医師の指示もなしに薬を飲むのをやめる人が居ますが、ここで気を緩めて薬を飲むのをやめると病気が再発し、今までン送ろうが無駄になります。回復期こそむしろ気を引き締めて油断せずに治療に挑む時期なのです。