婦人

治療すれば回復します

レディ

数種類の治療法があります

精神疾患には統合失調症や解離性障害等の様々な種類がありますが、うつ病を患う人が多いです。うつ病になると漠然とした不安感や倦怠感、不定愁訴等を感じる時間が多くなります。これ等は誰もが抱く感情ですが、無気力な状態が2週間以上長く続く様なら、うつ病を疑う事が必要です。うつ病の治療は精神科で受ける事ができます。心の病はごく普通の人が患う病気の1つです。少し前までは精神科等の医療機関を利用する事を躊躇う人もいましたが、最近は気軽に利用する人が増えつつあります。うつ病は発見が遅れて症状が悪化すると完治するまでに長い期間を要する事になります。不確かな民間療法等を試みるのではなく、できるだけ早く専門医による治療を受ける事が必要です。精神科での治療は薬物療法と精神療法があります。うつ病は脳内伝達物質の不足により生じるとされています。かつて頻繁に利用されていた三環系や四環系といった抗うつ薬は排尿困難や口渇等の副作用が強く、効果が実感できるまでに数週間かかります。しかし最近多くの人が利用しているSSRIやSNRIは副作用が少ない上に数日で効果があります。神経伝達物質であるセロトニンの再取り込みを阻害してセロトニンの量を増やします。そしてセロトニンの不足は眠りに関係するメラトニンの分泌にも影響があります。寝付きが良くない人や眠りが浅い等の睡眠障害がある人は、うつ病の可能性があります。この様な薬物療法の他にも様々な精神療法があります。支持的精神療法では患者の話を聞く事で共感と安心感を得る事ができます。病気についての詳しい説明を受ける事で混乱を避け、治療効果を高める事が期待できます。そして対人関係療法では症状に直接関係する人間関係だけに焦点を絞っていきます。職場や家庭での複雑な人間関係がストレスとなっている場合に高い効果が期待できます。そして受け取り方やものの見方について注目するのが認知行動療法です。自動思考に気が付く訓練をする事で感情をコントロールする術を学んでいきます。治療を受ける際には実績のある信頼できる医療機関を利用する事が必要です。根気よく治療を受ければ、社会復帰をする事も可能です。